包茎手術方法

サイトマップ

包茎手術方法の詳細

包茎手術の方法を紹介します。

包茎手術の場合に処置をするのは包皮とその皮下組織の一部ですので、ペニスの機能を
海綿体や尿道など重要な組織を処置するものではありません。安心して下さい。

適切に処置を実施すれば、手術による弊害は通常ありえません。

1、前処置とは
治療前の処置として、陰茎部を剃毛し消毒します。

2、余剰包皮の計測および設計とは
余剰包皮の計測は「過伸展」といって、上方・下方・右側・左側の4方向に引き伸ばし、ペニスが
最大限伸びた状態を想定して計っていきます。
これにより、勃起時と皮膚の長さが一致し、勃起時に皮が足りないなどといったことがないように
手術が実施できます。

3、麻酔とは
ペニスの根元の神経束に麻酔薬を注入する「神経ブロック麻酔」や、皮下の組織に麻酔薬を浸潤させる「局所麻酔」を実施します。

4、手術実施
麻酔が効いているのを確認し、余剰包皮を切除し、微量な出血がある場合には電気メス等によって止血処置を行い、縫合、し手術終了します。
手術中は麻酔が効いていますので痛みを感じることはありません。

5、手術後の処置
薄い包帯をまいて、終了です。 術後の経過 管理手術後は、麻酔施行から4〜5時間で麻酔がほぼ切れますので、あらかじめ痛み止めを飲みます。
痛みは、鈍痛程度ですので、安心して下さい。

6、注意事項など
1)アルコール 1週間いっさい禁止
2)シャワー 術後5日間より可能です。
 それまでの間、シャンプーは構いませんが、患部を濡らさないようにする。
3)性行為は約5週間後より可能
4)激しい運動は、約1週間後から可能
5)自転車・バイクの運転5日後より可能です。

7、レーザーメスを使用した包茎手術に関して
レーザーメスを使用すると一般の方は「最新機器」「安心」などというように思いがちですが、レーザーメスは美容外科の手術では通常使用しません。

レーザーという熱によって皮膚を切開するため切開層が熱によりダメージを受けて、傷の回復が遅かったり、傷がきれいになりづらかったりするからです。
レーザーメスの最大のメリットは出血がないということです。

緊急を争う緊急を要する手術であれば有意義ですが、包茎手術は結果が大切ですので、仕上がりを考慮したらレーザーメスはやめたほうがいいです。
レーザーメスを使用するその多くは「クランプ法」の場合です。

8、麻酔の方法に関して
包茎手術で行われる麻酔紹介です。

1)局所麻酔方法
局所麻酔には皮膚の下の組織に麻酔薬を注入する「浸潤麻酔法」や、陰茎根部の神経束周辺に麻酔薬を注入する「背面神経ブロック麻酔法」が存在します。
通常はこれらの麻酔方法を単独あるいは併用して行います。

2)表面麻酔方法
表面麻酔とは、皮膚の表面に何らかの麻酔を実施する方法です。
この方法には、冷却ガスや冷却スプレーなどを噴霧して、表面の感覚を麻痺させる冷却法と、皮膚に浸透しやすい麻酔薬を塗ってその成分を含むシートやシールを貼って表面を麻痺させる方法があります。

表面麻酔法はシミなど皮膚表面のレーザー治療等の場合にはは有効ですが、包茎手術に用いる場合はあまり有効ではありません。

3)全身麻酔方法
点滴からイソゾール・ドルミカムなど睡眠誘導薬や向精神薬を導入して、無意識あるいは眠った状態に誘導する方法なのです。
痛みに対する極度の不安をもたれる方や弱い方、強く希望する方にのみ適応する方法で、通常の場合この麻酔法を行う病院はほとんどにです。

包茎手術自体は、手術が完了すればそれ以上することなしなんてことはありません。手術した後の状態を観察し続けることも必要不可欠です。そんなわけで、可能であれば通いやすい医療施設を選択した方が後悔することも少ないでしょう。時たま軽い症状のカントン包茎は、何度か剥くのを繰り返すうちに、気が付いたら自ずと克服されるといった文章に出くわすことがあります。

もしかするとカントン包茎ではないかと心配している方は、自分自身のペニスとカントン包茎の画像を比較してみることを推奨します。包茎治療において、圧倒的に多く採り入れられているのが、包皮の先端を切除してから糸で縫い付ける方法とのことです。勃起時の男根の太さを検証した上で、何の足しにもならない包皮を切って取り去ってしまいます。コンプレックスがきっかけとなって、勃起不全に繋がってしまう例もあると聞きました。そんな意味からも、包茎手術であるとか包茎治療をする人が非常に多いと聞きました。他院クリニックと、テクニック面では違いはほぼないですが、包茎手術のみを見ると、手術費用がかなり安いというところがABCクリニックの良い点の1つで、この価格の安さがクライアントが注目する理由だと言えます。仮性包茎は軽症と重症の2種に区分でき、軽症の方の場合は、勃起した折に亀頭が5割ほどその顔を見せますが、重症の方の場合は、勃起した折でもこれっぽっちも亀頭がその顔を見せないとのことです。亀頭が包皮から顔を出すことがなく、頑張っても剥くのが不可能だと思える状態のことを真性包茎と呼ばれているのです。日本では65%を上回る人が包茎だということですが、真性包茎はとなりますと1%に達するか達しないかです。

仮性包茎の程度がそれほど重症ではなく、勃起したタイミングで亀頭が文句なしに露出するとしても、皮が引っ張られるというような感覚を拭い去れない時は、カントン包茎だと指摘されることがあります。我が国以外では、露茎となっている十代の子供は少なくないと言えます。日本とは考え方が違うのでしょうが、10代の頃に、率先して包茎治療を受けるようです。保険が適用できる専門医院で包茎治療を頼んでも、健康保険が適用されることはありません。仮性包茎に対しては、国が疾患として認定していないからなのです。カントン包茎を自分自身で治療することが不可能であるなら、手術に踏み切る方が良いと思われます。早いところ包茎治療の実績豊かなクリニックなどに受診しに行くべきではないでしょうか?

普通は亀頭が包皮で隠れた状態ですが、自分自身で手前に引くとたやすく亀頭全体が顔を出すなら、仮性包茎に違いありません。細菌などの繁殖も考えられますので、包茎治療を実施すべきでしょう。6ヵ月も過ぎれば、包茎手術をしたために赤く腫れていた傷跡も収まり、シコリのような硬さがあった部分も予想以上に改善されることになります。たぶん気にならなくなると断言できます。勃起した時も、包皮が亀頭に残ったままの仮性包茎もあれば、勃起したらスムーズに亀頭が露出する仮性包茎もあるのが実態です。一言で仮性包茎と申しましても、その人毎で症状が異なるというわけです。






「包茎手術方法の詳細」について

包茎手術方法の詳細

FX業者